「ぷらすなラボ」は「ENTAMIX!」にリニューアルしました!

ネットで小さめの買い物するなら「バンドルカード」使うといいよ、うん。

どうも!手持ち金がすずめの涙、ドルフィンです!

みなさんはインターネットで買い物をする時に、どうやって支払いをしますか?

クレジットカード決済、代金引換、コンビニ払い…いろいろパターンがありますね。

でも、代金引換やコンビニ払いって、手数料とかがかかってしまうんですよね。

しかし、僕は学生なのでクレジットカードを持っていません。

そこで便利になってくるのが「バンドルカード」というアプリ。今回はそんな便利なツールである「バンドルカード」の魅力を探っていきましょう。

バンドルカードは「使いすぎない」

まず、バンドルカードというのはいわゆる「プリペイド式(前払い)」のカードで、お金がチャージされていなければ使えません。

つまりこれは逆に言えば「クレジットカードと違って使いすぎない」ということ。何のためらいもなく借金をしてしまう人でさえなければ、クレジットカードのように「やばい!使いすぎた!今月赤字だ…どうやって赤字分を埋めよう…」となることはあまりないでしょう。

プリペイド式だからこそ、リミッターをかけることができるわけですね。

バンドルカードは「VISAカードと同じように使える」

「バンドルカード」を聞いたことがない人にとっては、「そんなマイナーなカード、使えるの?」と感じるかと思いますが、実は大半のVISA加盟店で使うことのできるカードなんです。

日本だけでもVISAに加盟しているお店ってかなりありますよね。それらのお店の大半で、「バンドルカード」を使うことができるのです。

バンドルカードは「5年間使用可能」

そしてこのバンドルカードは発行日から5年間使用することができます。

その5年間の間に合計で最大100万円(月に最大12万円)を入金することができます。要は「バンドルカード」は高額な買い物よりも、ちょっとした金額の買い物をするのに向いているカードというわけです。

300円払えばコンビニなどでも使える

実は「バンドルカード」というのはスマホアプリ(バーチャルカード)なので、そのままではコンビニやスーパーなどのお店では使用することができません。しかし、発行手数料300円を払えば、コンビニやスーパーなどでも使える「リアルカード」をゲットすることができます。

リアルカードを発行すれば、クレジットカードとほぼ遜色なく使用することができるんです。なぜなら大半のVISA加盟店で使えるからです。

コンビニなどで使えれば、バンドルカードはかなり便利なものになってきますね。

でもね…

ただ。

先程はあえて「大半の」VISA加盟店で使えると書きました。

そうなんです。一部の店やサービスでは使えません。

バンドルカードの公式サイトによると、以下のような店で使えないようです。

利用できないサービス

  • ガソリンスタンド(セルフ含む)
  • 宿泊施設(ホテル・ロッジ)※ホテル内の飲食店も含みます
  • 公共料金
  • 定期支払い・定期購買(ニュース配信・受信料)
  • 保険料の支払い(契約・プレミアム・通販)
  • 高速道路料金
  • 機内販売
  • 特急券 ※暗証番号が必要な加盟店様ではお使いいただけません
  • 本人認証(3Dセキュア)の必要な加盟店
  • プリペイドカードや電子マネー

また、以下のインターネットサービスでも利用に制限があるようです。

利用に制限があるサービス

  • Yahoo!ウォレット
  • U-NEXT
  • Hulu
  • LINE / LINE Pay ※iTunes経由で支払可能
  • ニコニコチャンネル / ニコニコプレミアム
  • FC2
  • DMM
  • 楽天コミュニケーションズ
  • アメーバ
  • スカイパーフェクトTV
  • NHK放送受信料
  • ソフトバンクモバイル
  • ビットキャッシュ
  • ケーブルテレビ、衛星放送
  • ニンテンドーeショップ / My Nintendo Store ※Paypal経由で利用可能
  • PlayStation Network内の年齢制限のある商品
  • Vプリカへのチャージ

ほか多数

これを見ると、バンドルカードは万能ではないカードといった印象を受けるかと思います。

しかし一部のサービスは「iTunes」や「PayPal」といったサービスを経由することで使用できる場合があります。

インターネットをよく使う人にとっては、主に以下のサービスで使うことができます。

  • amazon.co.jp
  • 楽天市場 (ただし楽天モバイルなどは使用不可) (この記事で使用していました)
  • メルカリ
  • ココナラ (この記事で使用していました)
  • iTunes
  • Playストア ほか多数

特に大きいのはamazon、iTunes、Playストアの3つ。この3つが使用できるというのは、インターネットユーザーにとってかなり有り難いものとなります。

基本的にはかなり有能、使ってみて!!

たまーに「クレジットカード使いすぎた!」といってヒーヒー言っている人がいますが、このバンドルカードでは少なくともこれが原因で借金なんてことはないはずです。

ただ、高額な買い物をするのには向いていないかなと思います。あくまで数千円程度のお買い物向きという位置づけです。

なんだかんだで通販の代金引換は別途お金がかかってしまうので、あらかじめバンドルカードにチャージしておいて、バンドルカードで支払う…というのもありですね。

ぜひ、みなさんもこの「バンドルカード」を使ってみてくださいね。入会費や年会費はありません。口座維持費も現在は無料です。

2018年7月より口座維持費が無料化されました。

ということで今回は「ちょっとした買い物をするなら『バンドルカード』がおすすめ」というお話でした。

それではまた次回の記事でお会いしましょう!(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


当ブログでは画像のダウンロードはできません。