「ぷらすなラボ」は「ENTAMIX!」にリニューアルしました!

iPhoneで浮かれてる場合じゃない!Googleの「Pixel 3」が日本上陸だと!?

「何が始まるんです?」

「AppleとGoogleの直接戦争だ」

「iPhone XS」と「iPhone XS Max」が発売され、1か月後には「iPhone XR」も発売されるとあって大盛り上がりのスマートフォン業界。

しかし、みなさんは知っていますか?もうすぐ、もう1つの黒船がやってくることを…

Googleが日本のスマホ市場に再参入

その黒船とは…

Huawei!!

ななねこ

もう上陸してるでしょうよ。
バレた?

ドルフィン

まあそれは冗談で、今回日本に上陸するのが…

天下のGoogle先生でございます!

Google先生というと、どんなブロガーさんでも頭が上がらないという…

 

ななねこ

その話は別の話でしょうよ。
(検索順位上げたい)

ドルフィン

一部の人は「あれっ?」と思ったかもしれません。

実はGoogle、過去に一度「Nexus」というブランドを掲げてスマホ・タブレット市場に参入しています。

しかし「Nexus」シリーズは2016年に販売が終了し、海外では後継のブランドとして「Pixel」の販売がスタートしました。一方で日本市場には「Pixel」は投入されず、事実上の日本市場撤退となりました。

ではなぜ、このタイミングで再参入することとなったのでしょうか?

Appleの1強体制が揺らぎはじめている…

今までの日本のスマートフォン市場は世界的に見てかなり特殊なタイプで、iOSのシェアがAndroidのシェアを圧倒的に上回っているという状態でした。

しかし3年ほど前からその状況が動き出し、最近になってついにAndroidのシェアがiOSのシェアを上回りました。

そんな中での今回のGoogleの日本市場再参入…Androidの優勢な状況を見て、再び勝負に出ることを決断したのかもしれませんね。

その「Pixel 3」ってどんなスマホなの?

では、日本にも投入される予定の新スマートフォン「Pixel 3」はどんなスマートフォンなのでしょうか。

ノッチなしの小型版、ノッチありの大型版の2機種

「Pixel 3」はどうやら、小型な筐体の無印版「Pixel 3」と、大型な筐体の「Pixel 3 XL」の2機種が展開されるようです。

「Pixel 3」は5.5インチの有機EL(OLED)ディスプレイを搭載した、どちらかというと「Galaxy S9」に近いタイプの形状をした端末になっています。

一方、「Pixel 3 XL」は6.2インチ(もしくは6.7インチ)の有機ELディスプレイを搭載した、ノッチ付きのデザインになるようです。

ななねこ

これ完全に「iPhone X」のパクr
「リスペクト」に決まってんだろ。

ドルフィン

ななねこ

(パクリスペクト…)

リーク情報によると、両機種ともに側面は金属素材、また背面は上部がガラス、下部がプラスチックの素材となっているようです。また、メインカメラはシングルレンズワイヤレス充電にも対応するようです。

RAMは4GBで「iPhone XS」と同等ですが、Androidの中ではミドルポジションといったところ。またストレージは64GBまたは128GBで、SDカードは使用できなさそうです。極めつけにイヤホンジャックはなし。そんなところまでiPhoneリスペクトしないでいいから(良心)

ただ「iPhone XS」と違うのは、本体背面に指紋センサーがあること。今年の「iPhone」は「Touch ID」が全面廃止になってしまいましたから、「Touch ID」派には嬉しいかもしれません。

他のスマホに比べて何が魅力?

では、僕が「黒船来航!」と騒いでいる理由はなんなのか。それはAndroidスマートフォンのとある「性質」にあります。

プリインストールアプリが少ない、純粋なAndroid端末

iOSを搭載したスマートフォンはAppleの1社のみが開発している一方、Androidを搭載したスマートフォンは多数のメーカーが開発しています。

そこで起こるのが「プリインストールアプリ問題」。各メーカーは自分たちのアプリケーションを使ってもらおうと、Androidそのもののプリインストール(もともと入っている)アプリに加えて自社のスマートフォンに自社オリジナルのアプリケーションをプリインストールするわけです。これがユーザーが挙げる、Androidの「デメリット」でした。

しかし「Pixel 3」の開発元はAndroidの開発元でもあるGoogle。つまり自らが作ったシステムなので、アプリケーションをさらにプリインストールする必要性がありません。

そのため「Pixel 3」は「純粋なAndroidスマートフォン」であり、Android自体のプリインストールアプリ以外は何もアプリが入っていないのです。

一定期間は必ずOSのアップデートができる

もう一つの魅力。それは「2~3年間の間、Android OSのアップデートが必ず可能」ということ。これは先ほどの「プリインストールアプリが少ない」ということにも直結しています。

ほとんどのAndroidスマートフォンはメーカーによってカスタマイズが施されており、短い期間しかアップデートができなかったり、酷い場合にはアップデートすら不可能といった状態です。

しかし「Pixel 3」は純粋なAndroidスマートフォンであるため、唯一「OSアップデート保証期間」が明確に決められています。

少なくとも2年間はOSがアップデートされるので、使っているうちは最新の環境で運用をすることができそうです。

全容は10月9日深夜に判明

そんな期待値の高い「Pixel 3」。詳細は10月9日の深夜24時から開催されるイベントで発表されます。

再び始まる、Apple対Googleの直接対決。果たして、どのような機種になるのでしょうか?楽しみで仕方ありません(笑)。

というわけで、今回の記事はここまでです!また次回の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


当ブログでは画像のダウンロードはできません。